[施工事例] 瓦種別:カナル (1㎡辺りの葺き枚数 約24枚)

南欧の瓦文化の原点であるバレル形瓦"カナル"。その起源はローマ時代に遡ると言われています。 上丸・下丸が重なりあうことにより表現される波型の可愛らしい意匠は、本格的な南欧住宅の温かみ溢れる佇まいを演出します。

カラー:エンポルダ

    エンポルダは、地中海沿岸の街エンポルダから名付けられました。
    ベージュ地に苔むしたイメージのダークグリーンで、経年美を表現した落ち着いた色調です。

カラー:ペイサージュ

    ペイサージュはフランス語で「美しい風景」を意味します。 その名の通り、自然の中の風景に美しく映える色合いが特徴です。 オレンジ・イエロー・ダークブラウンのアースカラーを基調としたベースに黒の細かい斑点でアクセントがついています。

カラー:テロワール

    テロワールとは、フランス語で「ワイン用の葡萄畑」という意味を持ちます。 葡萄畑のように肥沃で豊かな場所。そんなイメージで作られた瓦です。素焼きの赤・グレー・オフホワイトのコントラストが美しい色です。

カラー:ドミティア

    ドミティアとは、紀元前118年にローマ人(グナエウス・ドミティウス・アヘノバルブス)が、プロヴァンスを経由してイベリア半島からローマに続く道を建設。 ドミティウスの名前をとって、この道は ドミティア街道と呼ばれました。 ドミティア色はこの街道沿いに見られる、瓦の色をイメージしたお色です。